歯周疾患(歯槽膿漏)

歯周疾患について

この病気は、1にも2にもプラークが原因です。

プラークは歯と歯肉との境目にいます。プラークとは何ですか?と患者さんに聞いてみると「んん・・」と返答に困っている人がほとんどです。食べ物の残りかすという人もいます。プラークはバイ菌(歯垢)のかたまりのことです。

そして歯周炎はバイ菌による感染症です。

プラークを正しくコントロールするのがブラッシングです。
バイ菌が痛い症状を出しているときは、普通は患者さんも歯ブラシを使用することは怖がります。しかしその炎症を起こしている原因を、やわらかい毛先の歯ブラシでバイ菌をおとすと1週間くらいで見違えるように治っていきます。

片山歯ブラシ

ブラッシングについて注意点として、一日一回15分位磨いてもらいます。
テレビを見ながらでも本を読みながらでも、この歯ブラシを使い歯磨き粉などはつけずに水だけで磨くことにより、治癒力が歯肉に顕著に表れていきます。洗面台の前で、歯磨き粉をつけ5分くらいで磨くのは「磨けていない」ことなのです。

片山歯ブラシ

片山先生の著書で一般向けの本として「歯槽膿漏はこう治す」(朝日新聞社)が出ています。

歯周炎は生活改善が重要

1,食生活の改善

固いものだけでなく、ご飯でもよく噛むことが大切です。玄米5分付米も大変良いですね。お魚もマグロなどのやわらかいものでなく、頭から食べれる魚などを食べることは重要です。メザシ、スルメ、イワシ、サンマなど。
またなるべく添加物のない食品を食べると良いです。

2,全身の健康

口の中の健康をたもつためには全身の健康がとても重要になります。水泳、散歩、運動は大切ですね。

3,ストレス

現代では多くの方がストレスにより様々な病気を引き起こしています。
歯周病もストレスが原因となります。

咬合のバランス

虫歯でいろいろな充填物が入ります。

たとえば、インレーFCK Br(ブリッジ)義歯などが、歯を元に戻すため食べやすくするため歯科医、技工士が形を形成し制作して、患者さんのお口の中に歯科医が調整し装着します。ですが金属やセラミックなど歯と違うかたさの詰め物が入ることで咬合のバランスが崩れ全身のバランスが崩れたり歯周疾患を引き起こしたりします。

そして、お口の中で制作物を調整するとき大切なことはコンタクト(接触点)咬合の高さです。コンタクトは咬合紙(40ミクロン)が引っ掛かるような感触を大切にします。
これは食べ物が、挟まらないようにするためです。患者さんは少しキツク感じます。また高さは、咬合紙を歯科医師が他の歯とのバランスを調べ起こして調整します。

この時点で、患者さんは少し高いように感じます。しかしその後、食事をすると本当によく慣れるようになります。

歯が残っている義歯

私は、レストを使ったワイヤーのクラスプを使います。そして、さらに重要なのは人工歯の摩耗です。
レジンを使った場合でも、新しく作ったときでも3ヶ月過ぎから摩耗(すり減ること)が始まり、残った歯とのバランスが悪くなります。そこで減った部分は上げて(添加)してつくた時の状態に戻す治療を行います。

総義歯の場合

全部床の義歯でも、顎堤を守るためにも定期検診は必要となります。歯を失う原因は、ほとんど歯周炎ですのでその抜けた部分の骨の状態は咬合のバランスを欠くと骨さえ下がっていきます。

定期健診での咬合のバランスは本当に重要です。残った歯が破折することもあります。