ポリリン3Dホワイトニングシステム

今注目されているポリリン3Dホワイトニングシステムとは!?

痛みもなく、安心して輝く白い歯へ。
輝く白い歯を手に入れたいなら、ポリリン3Dホワイトニングシステムがオススメ

こんな方にオススメです → 詳しくはこちら

スマイルトゥルーとは → 詳しくはこちら

こんな方にピッタリ!
  • 笑顔、好感度をアップさせたい
  • 痛みがなく、安心して歯の黄ばみをなくしたい
  • 輝く白い歯を、長続きさせたい

今、歯科業界で注目されているポリリン3Dホワイトニングシステムをご紹介いたします。

従来のホワイトニングについて

ホワイトニングとは

歯の表面に付着した色素を落として白くするのでなく、ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯の表面に塗り、ハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当てる施術になります。
この方法で歯の中にある色素を分解し、明るさを上げていくのですが、強力な漂白剤を使って、色の付いた洗濯物を漂白するようなイメージです。

従来のホワイトニングでよくあるトラブル

これまでのホワイトニングは、歯を漂白する施術のため、年齢や以前服用していた風邪薬などで効果に個人差があり、知覚過敏になりやすく、痛みを感じる事も多々あります。また、定期的なメンテナンスや手入れが必要で、施術後は食べ物にも注意が必要です。

例えば、カレーやブルーベリーなどの着色性の強い食べ物や、コーヒーや紅茶などの飲み物は色がつきやすいため、ホワイトニングの効果を長続きさせたい場合はオススメできません。このようなトラブルを避けるため、ホワイトニングをする前に、担当の歯科医師にしっかり聞く事が大事です。

よくあるトラブル
  • 効果に個人差がある
  • 個人差はあるが、施術で痛みを伴う
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 知覚過敏になりやすい
  • 白さを保つために、ガマンする飲食物がある

歯科業界注目のポリリン3Dホワイトニングシステム

ポリリン3Dホワイトニングシステムとは

ポリリン酸という成分を使ったホワイトニングの施術方法です。このポリリン酸は微生物から哺乳類にいたるまで、あらゆる生物の体のなかにもともとある成分のため、その安全性も担保されております。このポリリン酸を使って歯の汚れをおとし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)するため、 痛みもなく、着色しにくく、透明感が残ります。

ポリリン酸がステインを落として付きにくくする仕組み

ホワイトニング

ポリリン3Dホワイトニングシステムのメリット

ポリリン酸は、歯に付着するステイン(歯の黄ばみやくすみの原因物質)を落としやすくして付きにくいという特長があります。
通常、歯のホワイトニングには清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等が使われいずれも歯を傷つけてしまう原因となりますが、ポリリン酸を使ったポリリン3Dホワイトニングシステムであれば無駄に傷をつけることがなく、輝く白い歯を手に入れる事ができます。

ポリリン3Dホワイトニングシステムの効果
  • 従来のホワイトニングより白くなる
  • 色のもどる率が低い
  • エナメル質の表面を守れる
  • 着色しにくく、透明感が残る
  • 痛みがなく、知覚過敏になりにくい

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ホワイトニングジェルを塗布し化学的に歯を白くする簡単な方法です。

最初に歯列にあったマウストレーを作製します。
あとはご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布
して、決まった時間、継続的に装着することでホワイトニング
効果が得られます。
ホワイトニングジェルに含まれる過酸化尿素には、歯を傷めることなく内部の
色素を細かく分解する力があります。
継続的に使用することにより深いところの色素まで分解し、歯を
白くすることができます。

smile1021

さらに効果を高めたい人には「デュアルホワイトニング」がおすすめ

もっと歯の白さを実感したい人には、デュアルホワイトニングをおすすめします。これは「デュアル(dual)=二重」という言葉通り、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの双方をミックスさせた方法です。

外側からと内側からのダブルの効果でワンランク上の白さが実感でき、尚かつそれを長期間維持することができます。過去、ホワイトニングに通っても効果があまり出なかった方や、体質的にホワイトニングの効果が表れにくいタイプの方にもぜひ試していただきたい方法です。

ガムブリーチング

レーザーによる歯肉のホワイトニングもおこなえます。

レーザー治療についての詳細はこちらから

ガムブリーチング 治療前

治療前

ガムブリーチング 治療後

治療後